FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

年末年始休業期間のお知らせ

  • Post on 2020.12.18 09:42
  • Categry : お知らせ
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇ 年末年始休業期間のお知らせ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆


平素は格別のご高配を賜り、誠にありがとうございます。
誠に勝手ながら、年末年始休業日を下記のとおりとさせていただきます。


        ★☆年末年始休業期間☆★
 2020年12月29日(火)~2021年1月3日(日)


2021年1月4日(月)からは平常通り営業させて頂きます。


ご不便をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますようお願い申し上げます。

また、休業期間中に頂戴したメール問い合わせ等は営業日に順次対応させて頂きます。
あらかじめご了承頂けますようお願い申し上げます。

※尚、担当者へのご連絡は各自携帯電話にてお承りしておりますので直接お掛け頂きますよう宜しくお願い致します。


株式会社テンポアップ 町田支社 一同

キャプチャ


スポンサーサイト



こたつ

  • Post on 2020.12.15 11:11
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
こんにちは。町田支社です。

寒い季節がやってきましたね。
去年が暖冬だったせいか、今年の冬の寒さが身に染みます!

この度、我が家に10年ぶりにこたつがやってきましたー!!

子供達が小さい時は、走り回る度にこたつ布団につまずく為、あえなく撤去、古かったため廃棄してしまいましたが、先日、「サザエさん」を観ていたら、波平さんの格言が心に響きました。

「こたつは、体を暖めるだけじゃなく、家族が集まる団らんの場となるから、家族の心も暖めるのだ!!」

これは、こたつ買いだっ!♪───O(≧∇≦)O────♪

かくして久しぶりにやってきたこたつは、我が家の中心になりました。

こたつでミカン、こたつで勉強、こたつで着替え、こたつで昼寝、、 etc 
一度入ってしまったら、もう出られない魔性の存在でもあります(*゚ェ゚*)

波平さんのお言葉通り、体も心も暖めてくれるこたつさん

ステイホームの年末年始も大活躍してくれそうです!!

こたつ


花粉症緩和米

  • Post on 2020.12.02 12:03
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
こんにちは。町田支社です。

今年も早くも残り一か月ですね


前回のブログで記載いたしました、お米の新品種について調べていると、
「花粉症緩和米」なるお米の開発のニュースを目にしました。

お米を食べるだけで花粉症を根治できる。そんなお米が開発されているというのです

花粉症の私としては、興味をかなりそそられました。


遺伝子組み換え技術を駆使し、花粉症を引き起こす抗原(アレルゲン)の一部、「ペプチド」を内部に蓄積させたお米です。

このお米を食べ続ければ、スギ花粉症の抗原を少しずつ体内に取り組むことができます。
そうして体を抗原に慣らし、花粉への防御反応が起きないようにすることで花粉症を治療する免疫療法の一種です。
通常のお米と栄養分や味に違いはないようで、毎日ご飯として食べるだけなので、舌下治療に比べて患者の負担は少ないと言えます。

花粉症の人にとってこんな画期的な治療法のように思われますが、開発からすでに15年が経っている現在も、実用化はまだされていません

なぜなら、このお米の早期実用化に、厚生労働省が待ったをかけたからです

要は、この花粉症米が「医療品に該当する」という判断が示されたため、医薬品などの安全性確保に必要な規制などを定めた、「薬機法」(旧薬事法)に基づく治験と承認を経る必要が生じたためです。


こうした中、将来的な医薬品、食品両面の普及を視野に入れたスギ花粉米の臨床研究が始まっているようです。

今のところ、一定の効果が確認されているようですが、今後も臨床研究を重ね、花粉症の治癒や予防に最適の量と期間を見極める必要があるということです。

そして、遺伝子組み換え食品やについては、様々な意見があるのは事実ですので、
医薬品と食品との両面での安全性を示すことが必須でしょう。

私個人の意見としては、知らず知らずのうちに、遺伝子組み換え食品を口にしている場合は問題があるように思いますが、
この花粉症米は、自分の判断で食べる食べないを決めることができるため、実用化に向かって研究が進んでいることは、いいことだと思っています

安全性が証明されたとして、実際、自分が食べるかというと、今の気持ちとしては、食べないかもしれません
味は変わらないといっても、食事というより、薬を食べている気分になりそうだからです。
でも、一度食べたら、気にならなくなるのかも??

皆さんは、食べますか?食べませんか?    キャプチャ



△ Move to top of this page