FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

車社会

  • Post on 2019.05.28 13:30
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
こんにちは。 町田支社です


今回は、近頃悲しい事故のニュースが目立つ、車の運転についてです。

運転される方は、誰しも一度はひやりとした経験があると思います。

私も、もちろんあります
このようなニュースを見聞きする度、改めて鉄の塊を操っているんだという重い責任を感じます。

私もついやってしまっていたなと、最近反省したのが、駐車場で、駐車券を取ったり料金を支払う際、ついフットブレーキだけで車を止めていた事です。
少しでも通常の運転姿勢が崩れる場合、サイドブレーキをかけ、シフトレバーをパーキングに入れることが、踏み間違い防止する為にも、大切ですね


また、どうしたら、高齢ドライバーの事故はどうしたら減らせるのか考えてみました

やはり一番は高齢になったら免許を返納すること!!

私も、高齢になれば免許返納しようと思っているのですが、住居が坂の上にあるので、買い物や病院などにでかけるためには、今でも車がないと不便です

特に地方などは一人一台車を所有しているほど、車はなくてはならない必需品なので、気軽に返納しにくいという問題があります。

ではどうしたら、返納率が高まるか

例えば、、、車の変わりになる、公共交通機関を利用しやすくすること。特に路線バスがもっと充実してくれたらいいな。
移動スーパーが近所に来てくれたらいいな。移動病院なんてあってもいいかも

ある地方では「乗り合いタクシー」というものがあると新聞で拝見しました。
国、自治体、タクシー事業者が一体となって実施している事業で、気軽に予約できて戸口から戸口まで送ってもらえると好評で、日常生活の足の役割を担っているようです。
特に過疎地等の地方の移動ニーズはこれからも高まってくるのではないでしょうか。

採算が採れるかなど、問題点は多々あると思いますが、このような様々な取り組みが広がり、車がなくても快適な生活が出来るようになればいいですね

もちろん、車と良いお付き合いができる方法も考えたいです


悲しい事故が少しでも減りますように

車






スポンサーサイト



田舎暮らし

  • Post on 2019.05.21 10:30
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
こんにちは。町田支社です

先日、『ポツンと一軒家』というテレビ番組を今更ながら、初めて観ました

1軒目は、山林の中に、山奥にポツンとある家に住む老夫婦。それでも、毎日、友人たちが世間話をしに、老夫婦を訪ねて来てくれ、お茶出しが今の仕事だとうれしそうに話しておられました。

2軒目は、これまた険しい山道を登ったところにある女性の民家。女性が、自身が育ったその民家を民宿として経営していらっしゃいました。今は、休業しているとのことですが、民家は手入れが行き届いており、五右衛門風呂や、囲炉裏、かまど、など今やめったにお見かけしない、古き良き日本の家屋風景がとても素敵でした。

なぜ、気になってこの番組を観たかと言うと、田舎暮らしに興味を持ち始めたからです

若いころは、田舎に憧れは全くなく、年長者の方から、「年を取ると田舎に住みたくなるよ」と言われても、全くピンとこなかったのですが、ここ最近、自然の中でゆっくり老後を過ごしたい!という思いが漠然と湧いてきました!

といっても、漠然としすぎて、現実的に本当にできるのかと考えると、いろんな問題や課題がありますよね。

私が一番気になっていたのは『人間関係』、『生活の糧』です。

番組の中の、老夫婦のように家族や友人に囲まれて過ごす。女性のようにお客様の為、民家を守り、民宿業を営む。

この2軒の例は、私が気になっていた問題点をクリアしていたので、とても心に残りました

それが実現可能かというのは別として、この番組以外にも、退職後、脱サラ後、田舎に移住した方のいろんな例を放送している番組がよくありますので、それらを拝見しながら、いろんなをこれから膨らませていきたいと思います!

dennenn.jpg


わが街 町田 北部丘陵歳時記

  • Post on 2019.05.07 10:54
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
こんにちは。町田支社です。

長い10連休が終わりましたが、まだまだハイキングにはいい季節です

そんな季節の今回はわが街、町田にある北部丘陵のご紹介


北部丘陵は東京都心や横浜中心部から直線距離で30キロ程度の所に位置しており、多摩ニュータウンと町田市の市街地に挟まれた場所にあります。

これら都市化された地域とは別世界のように広がる農の風景や樹林地の緑、潤いある水辺の風景、生物の貴重な生息の場があります。

また、数多くの歴史・文化の足跡を見ることもできます。

こうした立地・緑・水・農・歴史・文化は全て北部丘陵の魅力であり、町田市民のみならず首都圏に暮らす多くの人々にとっても貴重な資産です。


キャプチャ1
                           北部丘陵の位置図



キャプチャ2
                           北部丘陵の航空写真


キャプチャ5
ホタルカズラ
キャプチャ4
アセビ


地域の自然環境を保全するとともに、地域伝統文化の継承及び市民が参加する各種の環境学習会や体験イベント等を実施しています。

里山をハイキングしてみてはいかがでしょうか


町田支社 逆井文夫



△ Move to top of this page