FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

東京五輪を先取り!!~ in 町田♪

  • Post on 2017.01.26 09:00
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
1月14日(土)、町田市 芝生広場 「シバヒロ」 にて、

「東京2020オリンピック・パラリンピックフラッグツアー」

開催されました

キャプチャ


オリンピック・パラリンピックフラッグがアンバサダーとともに都内等を巡回するイベントで、

フラッグツアー公式スペシャルアンバサダーの城島茂さん(TOKIO)、

フラッグツアー公式アンバサダーの山田拓朗さん(リオ大会パラ競泳銅メダル)が特別ゲストとして来町され、

歓迎セレモニーやフラッグパレードが開催されました

残念ながら写真はありませんが、有名人が来るとのことで、かなりの人で賑わいました


キャプチャ

↑ フラッグは一時期間、町田市役所にて展示されています。


東京五輪をひと足早く体感することができる貴重なイベントでした



スポンサーサイト



「体罰」は子供に善悪をしけることが目的であって「暴力」とは言わない 。

  • Post on 2017.01.20 16:03
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
先日、福岡県田川郡内の中学校で、副担任を務める講師が、クラスの女子生徒ら、男子生徒3人に

嫌がらせを受けているとの相談を受け、男子生徒3人を口頭で注意するも、正義感が強く、

格闘技経験のある講師は、弱い者いじめを許せず、懲らしめる意味から3人を絞め技で

気絶させてしまった。
 
その場で蘇生術を施すも、情けないことにこの3人の内の1人が過呼吸の症状を見せた為に救急車を

要請し、市内の病院に搬送された。そんな事情からこの一件が全国のニュースになってしまった。

学校側は「行き過ぎた指導と言わざるを得ない。再発防止に取り組む」として自宅謹慎させた。

これで事が治めれば好かったのだが、お決まりの教育委員会が出張って、事の本質も見極めずに

自分たちの立場を守りたいが為にこの講師の処分を検討しているというから呆れるばかりだ。

教育委員会が登場することで余計ややこしくなるし、問題が解決した試しは、ない。

国の教育の再生を図る上でも教育委員会は百害あって一利なし。

「体罰=暴力」というが、そもそも「体罰」と「暴力」とは異質のもので、「体罰」は子供に

善悪をしつけることが目的であって「暴力」とは言わない。

「暴力」とは私的感情で利害が在る行為をいうのだ。  
 
日本では子供を褒めなければダメ、叱ったり、殴ったりすること、体罰はダメという考えが

体支配的になった。

「褒める教育」というものは、日教組が「生徒の自主性・自由の尊重」などと言ったら始まった

もので、非行を繰り返す不良生徒やその親を批判せず、その生徒に体罰をした教師だけが吊し上げ

られ、現場から排除されてきたが、これこそが「学級崩壊」や「教育荒廃」の理由だと思う。


「褒める教育」を推進する連中は「体罰は暴力」と決め付けるが、「体罰」という「愛」もまた子供の理性や

本能を正しく鍛え揚げるということを親や教師、そして無能な教育委員会は知るべきだ。


「体罰」の意味も知らずに軟弱に育てられた子供達こそ現代社会の犠牲者であるが、

そう思えば格闘技の技で気絶させ、物事の善悪や弱い者いじめは、卑怯であるかを教えたこの講師は

立派な教育者だと私は思う。

最後に私は、人の心が豊かで強い国にするには、教育が一番大切だと思います。

本年も宜しくお願いします


町田支社 逆井



美容室 「Imagine AMITY」 様 オープン♪

  • Post on 2017.01.13 09:00
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
私がお手伝いをさせていただきました、美容室 「Imagine AMITY」 様

昨年11月に移転をされました

場所は、町田街道沿いの1階路面になります

外観


店内は、お客様のこだわり満載のとてもポップな雰囲気になっております


店内①

店内②

ご近所にお住まいの方はもちろん、町田にお寄りの際は是非ご来店ください


町田支社 川井

年始のご挨拶

  • Post on 2017.01.04 14:19
  • Categry : 未分類
  • トラックバック(-)
  • Comment(0)
あけましておめでとうございます

謹んで新年のご挨拶を申し上げます


昨年は、格別のご愛顧を頂きまして、誠にありがとうございました。

スタッフ一同心より御礼を申し上げます。

輝かしい2016年を皆様とともに、お迎えすることができましたことを
心からお慶び申し上げます。


本年もお客様のご期待に沿えるよう、スタッフ一同努めて参ります

今後共、より一層のお引き立てを賜りますよう、謹んでお願い申し上げます

IMG_1505.jpg

△ Move to top of this page