FC2ブログ

プロフィール

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

「人間関係に於いては、好き嫌いというのは意外と重要」その2

  • Post on 2016.06.29 09:47
  • Categry : お知らせ
  • Trackback(0)
  • Comment(0)

 

人の多くは、自分の意見や理論こそが正しいと思っている。

 

だから自分の意見と異なる者を説き伏せようとしたり、感化させようとする。

 

だが、理論的間違いは指摘出来ても、相手が自分に「敬」を抱くことがなければ、

 

たとえそれが正論であり、また相手を思った意見といえども通ずることはない。

 

 

また人間は、「好き嫌い」が重要であって、嫌われているのに幾ら熱く語ったところで、

 

相手に受け容れられることはない。

 

 

 

また、「人に意見や指導をして、その人の欠点を直す」ということは

 

大切なことであり、親切心であり、情の心だとも言えるが、意見される側がそれを

 

受け容れる気持ちがなければ、単なる余計なお世話になってしまう。

 

 

本来、食事しながら相手の心を許し、自分失敗談を話し、意見を言わなくても

 

相手に思い当たる様に仕向ける思いが大事であり、意見とはこうあるべきなのだ。

 

 

私も熱く語っても通じないのは、

 

理論より人柄の方に問題があるのかもしれなぁ・・・笑

 

マイガール 町田支社 逆井 マイガール

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーサイト



「人間関係に於いては、好き嫌いというのは意外と重要」

  • Post on 2016.06.21 09:00
  • Categry : お知らせ
  • Trackback(0)
  • Comment(0)

 

時間にルーズな奴とか、箸使いの出来ない奴とか、食べ方が汚い奴とか、

 

そんな些細なことが気になって相手への思いも冷めてしまう。

 

 

そういう意味では、酒席というのは相手の好みも分かるし、雰囲気や互いの

 

相性など人間観察にはベストだぐぅ~。

 

 

食べ物の好き嫌いの多いのは、仕事も好き嫌いするので長続きしない。

 

時間にルーズなのは経験上、薬物中毒の疑いが濃いと思う。

 

 

食べ物の好き嫌いの多いのは、幼少の頃の経験が多く、箸使いもそうだが、

 

それを許されたというのは、親が大らかというか、優しく育てられた

 

裏返しでもある。

 

 

国士舘時代、私は何でも「押忍」うっしゃーっびっくり

 

先輩に好き嫌いをいうものなら、その嫌いなものを執拗に出される。

 

要は、押忍の精神とは我慢であり、我慢を続けることで苦手を克服し、

 

身になっていくのだが、食べ物の好き嫌いの多い奴はその我慢に乏しい。

 

 

人間関係に於いては、この好き嫌いというのは意外と重要で、

 

自分が苦手と思っている相手というのは、同じように苦手だと感じているだろう。

 

以心伝心心とは実に面白いと思う。

 

    

町田支社 逆井

 

 

 

「凄」 店舗シリーズ 第1弾!

  • Post on 2016.06.13 08:00
  • Categry : お知らせ
  • Trackback(0)
  • Comment(0)


「凄」店舗シリーズ、第1弾です!!


町田のとあるビルの1階に 海賊船 海賊 がやって来たびっくり

 多国籍料理 ” パイレーツバル ジーニーズ ”

 
 

 なんか、町田出身びっくり モノマネ芸人! 


 経営しているらしいですよぉ~??


 入った事が有りませんので、味・値段はわかりません・・・笑


 町田にお越しの際は、ぜひ行ってみてはいかがでしょうかニコ


                  
町田支社  江幡





広東料理 「奨陳楼」 様オープン!

  • Post on 2016.06.03 09:44
  • Categry : お知らせ
  • Trackback(0)
  • Comment(0)

テンポアップ 町田支社の野守ですキラキラ

東京都町田に5月14日、広東料理店がオープンしましたクラッカー クラッカー

 
中国人スタッフでオープン祝

店名・・・奨陳楼

所在・・・東京都町田市原町田4-3-6土方ビル4階

  
食事をさせていただきました絵文字

おいしかったですうまい

特に水餃子餃子 、太い餃子餃子 、北京ダック料理フライドチキン

写真はございませんが、直接ご来店にて

堪能してみてくださいませおじぎ

△ Move to top of this page